妊活サプリメントを飲むリスクは?

葉酸サプリの取りすぎには注意?

葉酸サプリ_取りすぎ_画

妊活中・妊娠中に葉酸が欠かせない栄養素だということは皆さんも知っていますよね。
現在の日本では、食事から摂取しにくい葉酸を、葉酸サプリを活用して摂ることが推奨されています。

この葉酸サプリには厚生労働省で決められた摂取限度量があります。
葉酸サプリの摂取限度量は1日1000μgといわれており、この量を上回って取りすぎてしまうとママだけではなく赤ちゃんにとっても大変危険です。

ここでは、葉酸サプリの取りすぎによって引き起こる副作用と取りすぎ防止の方法をご紹介します。

葉酸サプリの必要量

葉酸サプリ_取りすぎ_画

皆さんは正しい葉酸の摂取量を知っていますか?
葉酸サプリは妊娠の時期によって、推奨している1日の摂取量が変わってきます。
取りすぎを防止するためにも、必要量を理解しましょう。

妊娠前・妊活中 640μg
妊活中から葉酸サプリを飲むことにより、赤ちゃんの神経管閉鎖障害のリスクを低減出来ます。
また、妊娠を計画している時期に葉酸を摂ると、着床率の向上効果があると言われているのでおすすめです。

妊娠中  480μg
妊娠初期以降も葉酸を継続して飲み続けると、早産のリスクが低減すると言われています。
お腹の中の赤ちゃんの成長にも良いので、妊娠に気づいてからも飲むようにしましょう。

授乳中 340μg
葉酸は母乳作りをサポートする成分で、赤ちゃんに健康な母乳を送るためにも欠かせない栄養素です。
また、葉酸は抜け毛予防になるとも言われており、女性の悩みにも効果的です。

このように全ての時期で、限度量の1000μgを超えることはありません。
葉酸サプリに書かれている飲み方を守っていれば、食事などで多少量が超えたとしても、取りすぎるといったことは起こりにくいと思います。

取りすぎで起こる副作用とは?

葉酸サプリ_取りすぎ_画

葉酸サプリの限度量の1000μgを超える葉酸を取りすぎてしまうと、様々な副作用が引き起こります。
起こりうる症状は、発熱・蕁麻疹・食欲不振・吐き気・むくみ・不眠症などがあります。オーストラリアでは、赤ちゃんが喘息になる可能性が高くなると言う研究結果も出たので注意が必要です。

過剰摂取を防ぐためには

葉酸サプリ_取りすぎ_画

妊活・妊娠用に作られている葉酸サプリはメーカーによって、1粒に配合されている葉酸の量が違います。1粒に400μgだったり、1粒に100μgだったり…
葉酸は食事だけでは基準の量を超えることはまずないです。しかし1粒に400μg含まれている葉酸サプリを3粒飲んでしまえば、1200μgと基準を簡単に超えています。

まずは商品の配合量をしっかりと把握したうえで、葉酸サプリを飲みましょう。

また、飲み忘れなどの理由から2日分を一気に摂取することは、葉酸の取りすぎに繋がり危険なのでやめましょう。

副作用の無いおすすめのサプリは?

・葉酸サプリ_取りすぎ_画

このように葉酸サプリの取りすぎは危険です。
ただ、バランスの良い食事と葉酸サプリの量を守っていれば、取りすぎる心配もないので安心してください。

また葉酸サプリは、成分などから引き起こる副作用 にも注意が必要です。
お腹の中の赤ちゃんのためにも、まずはきちんとした葉酸サプリを選んであげましょう。

おすすめのベルタ葉酸サプリは、無添加100%で天然成分にこだわっている葉酸サプリです。

 

高品質でおすすめなベルタ葉酸サプリの紹介ページ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*